こだわり供花

生花(供花)のご注文はこちらはをご覧ください。

セクトは生花にこだわります

セクトでは、豊富な経験からお客様おひとりおひとりのご要望に合わせてオリジナル花祭壇から季節の供花をご提供いたします。お花を使った装飾で葬儀会場全体をコーディネートし、最後のお別れの場にふさわしい空間をご提供いたします。

自社のサポート事業部が生花全般をコーディネートいたします。

季節感にこだわった自慢の供花

四季の供花

日本には四季があります。そして、「春」「夏」「秋」「冬」のそれぞれが美しい自然の景色を見せ、四季の移り変わりを感ることのできるのは日本ならではと言えるでしょう。セクトでは、季節感にこだわった供花をサポート事業部全員でコンペティションを行い考案しております。


サポート事業部季節供花コンペティションについてはこちらをご覧ください。

季節の花々を使ったアレンジ

春の供花

新たな旅立ちの季節でもあり、別れの季節でもあります。柔らかな日差し、ゆるやかな風。春の供花はそんな春のやわらかな風景をイメージして製作いたしました。

春の供花

夏の供花

新緑生い茂り、様々なイベントがも催される一年で最もにぎやかな季節でしょう。太陽は燦々と輝き、命の繁栄をイメージさせます。夏の供花はそんな夏を爽やかに彩るイメージで製作いたしました。

夏の供花

秋の供花

紅葉が美しく彩り、作物は収穫の時を迎えます。食欲の秋・読書の秋、秋はそれぞれの個性を象徴する季節でもあります。秋の供花はそんな個性豊かな花々を色彩豊かにまとめました。

秋の供花

冬の供花

雪が深々とつもり、抜けるように高い空。澄んだ空気。そして優しく体を包んでくれる太陽。冬の晴れた朝は、すがすがしい気持ちにさせてくれます。冬の供花はそんな冬の風景に彩を加える色彩をセレクトいたしました。

冬の供花

菊の供花

菊は皇室の紋章に使われる格調が高い花であるとともに、日本の国花が菊であるので、とても厳粛であるな気持ちにさせてくれます。また、その香りには人の心を落ち着かせる効果があり、それが、大切な方を失った気持ちを和らげてくれます。セクトでは、そんな菊をメインにしたご供花もご用意しております。

菊の供花

セクトこだわりの生花祭壇

生花の協奏曲

様々な種類の生花を使って彩られる生花祭壇は、まさに「生花の協奏曲」と言えるでしょう。それぞれの花々がそれぞれの音色を響かせて奏でるオーケストラをお楽しみください。

生花祭壇

また、セクトでは、お客様のご要望に応じて生花祭壇を様々な形にコーディネートしていただくことができます。「生前お好きだったあの花を使いたい」「こういう彩で作ってほしい」など、お客様の嗜好に合わせて様々な祭壇を作り上げていくことも可能です。

セクトこだわりの生花を皆様の理想とする形でご提供できるよう、セクトグループ一丸となりサポートいたします。
 
その他の様々な祭壇についてはこちらをご覧ください。

生花(供花)のご注文はこちらはをご覧ください。
  • 1:生花はお客様のご要望に応じて、オーダーメイドしていただくことも可能です。
  • 2:通常の供花のほかに「榊」「樒」もご用意できます。
スタッフから一言
 

故人様のご趣味やお好きな花、可能なかぎりご要望にお応えしたいと取り組む中で、 葬儀の形も本当に様々だと感じています。 お花やお返し物の品質管理をしっかりとして、より良い商品を提供する事で、お客様の安心感につながる仕事をしたいと思います。 私は、これからもお客様のお心にそえられるように、生花やセレモニースタッフとして お手伝いさせていただくうえで、お客様が温かいお気持ちになれますように、努めていきたいと思います。
- サポート事業部 葬儀サポートオペレーションディレクター 田口雅代 -

生花業界と言っても、やはり男性が多く見られます。 私は5年目になりますが、もっと女性らしさの温もりのある、華やかな花づくりを目指すと共に、女性が活躍できる職場作りをと提案を考えます。 私たちは、大切な方達を安らかに見守って頂ける最後のお別れの空間を作り、安心した心温まる葬儀にしたいと思います。
- フラワー係長コーディネーター 武順子 -

葬儀のサポートをさせて頂きお客様と接する機会ができ、大切な方を亡くされた深い哀しみを少しでも癒されるよう、真心をもって接客することを心掛けています。 ご遺族様の気持ちが少しでも癒されるよう、故人様のお好きだったお花や色など想いをのせて制作、設置、設営、接客することを心掛けております。 ご遺族様のどんなご要望にも応えられるよう日々精進していきたいです。 お花をみて、お客様とふれあう中で、ほんの少しでも哀しみから癒されます様に…。
- フラワー主任コーディネーター 井上貴子 -

>