お客様の声お客様の声

  1. HOME
  2. お客様の声
  3. 小林様インタビュー

千葉市中央区にお住まいの小林勝子様とご長男 小林哲也様に、セクト利用の経緯や、利用した感想、行われた葬儀について詳しくお話をうかがいました。

◎千葉市中央区にお住まいの小林芳様の葬儀取材事例

  • 目次
    1. 自宅で安らかに
    2. 周囲の評判で
    3. セクトの宣伝部長に
    4. すべてをお任せしました
    5. 良い人達にめぐり会えたことに感謝
  • 1自宅で安らかに
    ― 葬儀はいつ行われたのですか?ー

    平成26 年11 月24 日に夫の葬儀を行いました。

    ― お亡くなりになった状況をお教えください。ー

    以前は病院の緩和ケアに入院をしていましたが、ベッド数の兼合いで部屋が2 週間毎に変更になるなど落ち着かないこともあり、病院の先生と相談し、自宅療養に思い切って切り替えました。
    自宅へは2 週間に1 度病院の先生が、週に2 回は訪問介護の方が来てくださったので、入院している時とほとんど変わりなく過ごすことができました。
    病名は膵臓がん。ただ、病院の先生も不思議がっていたのですが、本当に苦しむようなこともなく、痛がるようなこともなく安らかに眠るように息を引き取りました。
  • 2周囲の評判
    ― 葬儀社はどのようにしてお探しになりましたか?ー

    うちはそば屋を営んでいることもあり、商売柄色々な評判を耳にするんです。何年か前から、セクトさんの評判は聞いていましたよ~他人事のように。実際に近所の方にセクトさんで葬儀を上げた方が何人もいるんです。
    今回はその中の1 人に相談をしたところ、セクトさんを勧められ、お願いをするに至りました。
  • 3セクトの宣伝部長に
    ―弊社スタッフの対応はいかがだったでしょうか?

    最高でした。担当の倉内さんには初めてお会いしたのに、10年も前からの知り合いのように親しみを感じました。私だけではなく、親戚も皆褒めていましたよ。これから相談を受けたら間違いなくセクトさんをお勧めします。セクトさんの宣伝部長にでもなろうかしら(笑)。
  • 4すべてをお任せしました
    ―どのようなご葬儀をご希望されたのでしょうか?ー

    特にこうしたい…という具体的なものはありませんでした。葬儀の経験も知識もなかったものですから。とにかく普通に?としか思い浮かびませんでした。ですので、担当の倉内さんにすべてお任せしたんです。この方なら安心だと思いましたので。とても頼りになりました。
    お任せして最高の葬儀ができたと思っています。本当に感謝しています。あ、料理に関しては少し気を使いました。うちはそば屋を営んでいることもあり料理が美味しくなかったり足らなかったりなどが無いように。特にお通夜の料理は倉内さんのアドバイス通り多めに頼んでおいて正解でした。味についてもとても美味しかったと親戚や近所方々に喜んでいただけ、ホッとしています。

    ―弊社の対応や、葬儀で印象に残っていることはありますか?ー

    とにかく満足しています。具体的にここが…というのではなく、2日間を通して良い時間を過ごせたと思っています。参列したことは何度もありますが、主催側になってみてはじめてその大変さもわかりました。でも、倉内さんのおかげで滞りなく、そして立派な葬儀にすることができました。
  • 5良い人達にめぐり会えたことに感謝
    ―葬儀を終えられた今のお気持ちは?ー

    ホッとしました。これが正直な気持ちです。セクトさんにお願いをして本当に良かったです。周りの方からも立派なお葬式だったと褒められたことが嬉しかったです。よく後味が悪い…というようなことも耳にしますが、そんなことは一切ありませんでした。とても満足しています。

    ―弊社に対するご要望はありますか?ー

    大したことではないのですが、親族席に一般参列の方が1名いつの間にかお座りになっていて、焼香も親族と一緒になってされた方がいらっしゃいました。田舎の友人なので私たち遺族は気にも留めていませんでしたが、親戚から誰?という声が上がりました。親族席、一般席の区分けを案内時にもっと分かりやすくしていただければと思います。

    ―葬儀社をお探しになっている方に一言お願い致します。ー

    もしもの時は是非セクトさんをお勧めします。今回担当してくださった倉内さんをはじめそのほかの女性スタッフも皆さんとても感じの良い方でした。良い人達にめぐり会えたことに感謝しています。

インタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

小林様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。
※ 取材日時2014 年 12月